ダイエットと聞くと簡単に痩せれる薬を想像しますが、やはり副作用が怖いですよね…それなら薬を使わず長期間で痩せていくほうが絶対安心です。色々な方法を載せていきますので参考にしてみてください

ダイエットにトランポリンが効く理由と方法

ダイエットにはトランポリンを使った運動が効くとされます。トランポリンダイエットでは、まず体幹が鍛えられます。不安定な上にまっすぐ立つだけでもバランスを取るのが困難で、体の姿勢を保つのに欠かせない体幹を使います。体幹がしっかりしていると猫背が治って、血行が改善され痩せやすくなります。また筋肉トレーニングにも効く運動です。体幹は筋肉と骨で形成されているので、体幹が鍛えられれば、筋肉量も増えます。基礎代謝が向上します。さらに体内の老廃物を外に排出するリンパの流れが良くなります。トランポリンは、一人用のものが市販されています。4000円前後で用意でき、折り畳んで収納できるタイプもあるので、自宅で実践できます。跳び方に特にルールはありませんが、ダイエットに効く運動量をこなすには、最低でも足の裏が少し離れる程度の高さまで跳びます。一日10分だけでも、毎日継続すれば効果が現れます。普段使わないインナーマッスルを鍛えるので、最初は筋肉痛になりやすいです。ただしトランポリンダイエットは、いくつかの注意点があります。まず食後は避けることです。胃に食べ物が残った状態で飛び跳ねると、胃が上下に激しく揺さぶられて腹痛や嘔吐を引き起こします。食後2時間は間を空けます。次に準備運動を必ず行います。トランポリンは見た目以上に筋肉を使います。いきなりバランスを取ろうと力を入れると、怪我の原因になります。ジャンプは少なからず膝に負担をかけるので、屈伸運動や足首を回すなど体を柔らかくします。そして、音や振動に気を付けます。特にマンションなどでは、下の階までジャンプの衝撃が伝わります。最近では防音や防振に優れたトランポリンがあります。